しゃっくりが止まらない

くらし・創意工夫
この記事は約3分で読めます。
経過(直近)

23日 1か月くらい放置していた親指のばね指が何もしなくてもうずきだしたので、整形外科を受診。注射と飲み薬、塗り薬をもらう。

始まりは23日夜ごろから、ちょっとしゃっくりが続くなあ!

24日 一旦、しゃっくりが始まると、1セット30分~100分くらい連続して止まらない。

夕方、計測してみると、連続1時間40分、5分間で28回、
その日(24日は)6セット以上あったと思うので、少なく見積もっても
(100+30X5)÷ 5 X 28 = 1400回/日くらい、
しゃっくりをしていた計算になる。たかがしゃっくりでも、これでは体力を消耗する。

25日 朝から、しゃっくりは落ち着いた感じだが、「あまり続くようなら病院で診てもらった方がよい」との情報があったので、落ちはみえてそうだが、
かかり付けの医院へ行く。  休診日だった。

赤十字病院へ行ってみる。  駐車場に入るための車の列が車道までのびており、断念。

○○会病院へ行ってみる。  もうここしかないので、入ってみた。
総合受付(案内)で、しゃっくりが止まらないんですけど、

しゃっくりが止まらないんですけど、なに科にゆけばいいんですか?

まず内科(から)ですね!でも、今現在症状が出てないとなると、原因と対応が難しいかも!

結局、何も診てもらわずに話だけ聞いてもらって帰ることにした。

26日 何事もなかったように、しゃっくりが治ってる。

自分なりに原因を考えてみた!
  1. ばね指の飲み薬と今飲んでる薬との相性
    NETで見る限り、因果関係はなさそう?
  2. ばね指の注射が引き金
    注射の成分はイソジン。うがい薬で有名だ。消毒・殺菌作用が強いので、腱鞘炎の患者の炎症部に注射することがあるもよう。
     「イソジン 高血圧の薬」
    で検索したがこれといった副作用は見つからなかった。
    この注射、針を刺してこじるようにしてじわじわと奥に入っていくので、想像以上に痛かった。もうやりたくないレベル。ばね指の痛みは長くて5日くらい和らぐだけで、治るわけではないと言われた。

  3. ばね指の塗薬が引き金
    塗り薬の成分、ヘパリンは血小板の少ない人(血液さらさら?の人)にはさらにさらさらになるので、弊害がでたのだろうか?

    ヘパリン
    血液凝固を阻止する作用のある多糖類。肝臓や毛細血管の周辺の肥満細胞で生成され、血管壁に多く存在する。
    出典:デジタル大辞泉(小学館)

医療プロ気分のおっさんだが、私、医学の知識はほとんどなし、昔、有機化学は好きだったので、その方面の用語は聞いたことがあるものもある。今までの知識と経験+最新のNET情報で、勝手に独りよがりの分析をしただけであるが、これが意外と楽しいし、新たな発見がある。

それにしてもこんなに、しゃっくりが止まらなかったのは、生まれて初めてだ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました