auからUQmobileに乗り換えた 契約内容を精査してみる

家電
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

UQmobileに乗り換えた1番の理由は

携帯本体の代金と使用料を安く抑えたかったためです。

乗換前の1年間の平均的な携帯利用料金は6000円程でした。携帯1台+タブレット1台の利用料金です。
先月、使用頻度の少ないタブレットのモバイル通信を解約したため通信料は5000円程に下がりました。

ちなみに私の入っていたのは「データ1GB、通話は5分以内なら何度かけても料金は据置き」のプランです。

auのままではiPhone13(本体価格の半額を24回払い)約3000円/月と通話/通信を合わせると月々6000円以内はどうしても無理!

ということで、UQモバイルを勧めれました。au系のスタッフなので当然と言えば当然ですが!

UQモバイルにすることによって見積上、通話/通信料の月額料金は

従来5000~6000円を2000円程度(税込み)に

減らすことができる予定です。

本体月々約3000円を足しても本体+通話/通信料合計で5000円台に収まりそうです。

60歳以上 1100円/月 割引 も大きかった。

 

料金の内訳を精査してみる

本体 + 通話/通信料金 + auスマートプレミアム + iPhoneの補償 で
月額6200~ (60歳以上割引適用)

 

料金プラン

私の入った料金プランはくりこしプランS+5Gというもの。

自宅セット割(でんきコース)

私の場合、自宅セット割(でんきコース)が適用されてます。

UQでんき/auでんきに加入するとUQモバイルの携帯料金が638円/月(税込み)の割引が適用されます。

量販店内の携帯コーナーではよくある話です。

お得感があって前々から気になってはいたので、auでんきに加入する事になりました。

 

音声通話オプション かけ放題(24時間いつでも)

通話オプションでかけ放題(24時間いつでも)税込み1780円/月にも訳もわからず入っているようです。

 

増量オプションⅡ

基本データ容量を増量するオプションサービスです。適用対象プランは「くりこしプラン +5G」

増量オプションⅡ 1年間無料キャンペーン」が適用され 税込み550円/月のところ1年間無料となります。

私の場合は今までも月1GB以下の使用なので、キャンペーン終了の1年後には解約する予定です。

増量オプション2は解約してもくりこしプランSなら3GB/月は使えます。

 

本体補償

iPhoneの補償に関するappleケアには入らずお店独自の補償月額700円(税込)に加入しました。

なお、auスマートプレミアムにも「あんしんサービス」があって修理代金サポートがあるようです。
auスマートプレミアムは月額548円(税込)です。後で気づきました。

AppleCare、auあんしんサービス、量販店の携帯保険はそれぞれにメリットデメリット条件がさまざまありそうです。

auスマートプレミアム + iPhoneの補償 で月額1248円です。

 

UQでんき/auでんきに加入

auでんきはポイントがすぐたまる!

と以前から聞いてはいます。

我が家の電気料金は年間36~40万円くらいです。

でんきMプラン」加入で5%のポイント還元が適用されると、
私のケースでは少なくとも年間で18,000円相当のポイント還元となります。

電力の自由化で新規参入の電力会社が増えましたが、今は、ロシアのウクライナに対する攻撃で電力価格が高騰し、アンフィニ、ハルエネなどの新電力が撤退するケースが増えてきているという話も聞きます。

auでんきが今後どうなってゆくのかは、全くわかりません

ポイントの還元率が減るかもしれません。
しばらく、あたたかく見守って行きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました