「えんきん」おためし購入

くらし・創意工夫
この記事は約2分で読めます。

【広告】えんきん


おっさんは、遠近両用めがねで、近くのものを見ると頭がいたくなってしまったので、昨年8月に、メガネを作り替えた。

前のめがねは、年齢とともに左右の度数のバランスがくずれてしまい苦痛だった。

今回は、遠くは無視して部屋用、仕事用(今はしてませんけど)に中近両用のメガネを作った。

数か月は、すごく快適に使ってた、しかし、最近また、目が非常に疲れる。blogや、ネットばかりやってるからか?blogは10月頃から本格的に始めた。めがねのせいではなさそうな気がする。

⇒「えんきん」おためしで注文した。「サプリや健康食品はいままでいろいろ試してみたが、なかなか、長続きしない。それでもまた、いろいろ試してみたくなる。

スポンサーリンク

■どんな人にいいの?

☑パソコン、スマートフォンを1日中使っている。

☑手元のピントが合いにくい。

☑見る対象や小さな文字がばやける、かすむ。

☑目の使いすぎで肩・首筋が張る


■日本初!目の機能性表示食品

■成分は

ルテイン 10mg
 光の刺激から目を守るとされる「黄斑部」の色素を増やすことが報告されている。 
 ぼやけの緩和によりはっきりと見る力を助けることが報告されている。
 マリーゴールド、ほうれん草に多く含まれる。

アスタキサンチン  4mg配合
 光障害による網膜を保護
 サケ、いくらに多く含まれる。

シアニジン-3-グルコシド(C3G) 2.3mg配合
 強い抗酸化力と眼の血流を促す効果。水晶体や毛様体筋の働きを高め、近視や老眼、視力回復、更には飛蚊症に極めて効果的であることが確認されている。
 ブルーベリーに多く含まれる。

DHA  50mg配合
 網膜、さらには視神経にある細胞膜をほぐし、目からの伝達をサポートする。
 青魚に多く含まれる。

■効能は? 臨床試験結果

(1)手元のピント調整力の改善

(2)目の使用による一時的な肩・首筋への負担軽減

■個人的な所感

目以外にも、メタボのおっさんにとっては、よさげな成分が入ってる。肥満、糖尿病防止、内臓脂肪を減らすなど。

 目にいいと言えばブルーベリーのアントシアニンが有名かと思うが、シアニジンは、アントシアニンの仲間?のようなことがかかれてた。アントシアニンより効果的だそうだ。

商品は最短で2~3日後とのことだ。

【広告】えんきん



その後の記事 ↓ ↓ ↓

「えんきん」おためし購入 その後
前回の「えんきん」の記事 途中結果発表の前に、もう一度購入の経緯をふりかえってみると、  複数のブログを書き続けていた日が続いたせいか、目がすごく痛く、めがねをはずしたり、マッサージしたり、タオルで温めたりすると多少...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました