MACがフリーズ 今回の原因はファイル破損した旧ユーザーでログインしていたため

MAC
MAC ログイン
この記事は約3分で読めます。

ここ数か月MAC-miniの調子が悪い。

スポンサーリンク

経緯と症状

OS10.15 Catalinaになってからの話である。

・ TimeMachineへのバックアップ中にエラー
・ ログイン後、しばらくするとシステムがダウン
・ SLEEPからの復帰に失敗、復帰できない。
など、不可解な現象、症状がたまにではなくて、当たり前のように起こっていた。
MAC-miniはLate2012で8年前の製品だ。買った当初はFusionDriveでSSD+HDDでサクサク動いて大容量。さすが!Appleと思っていたのだが、ここ最近はApple最高!の神話が私の中では崩れ始めている。

UPDATE、UPGRADEするのが怖い

ちょっとしたアップデートでもヒヤヒヤものだ。
アップデートの安定性、信頼性に関して、
今の心境は、Windowsが95%の信頼性に対して、MACは40%赤点ギリギリである。
(個人の感想です)

今は赤点て使わないのかなー。私、おっさんの高校時代にはテストで40点を切ると赤点と言って再試験や、留年の対象となっていたような記憶がある。私の場合は数学が一番ヤバかった。

そのくらい、MACのアップデートの安全性、信頼性が私の中では低いのだ。アップデートのお誘いがあってもスルーする事も何度もある。

1度アップデートに失敗すると、負の連鎖、スパイラルが次々と発生して、1日では復旧できない事も何度もあった。

それでも、修理には出さず、何度も自力でMAC-miniを復旧してきたわけだ。

 

でも、最近本当にアップデートが怖い。

スリープ状態からの復帰に失敗して対応に苦慮する事も多い。

私の中でMACの信頼性は地に落ちている。

最近はTimeMachineを使わずにFreeFileSyncでユーザーデータのみ別のファイルサーバーと同期させたり、NASにコピーしたりして本番データ以外に最低でも2カ所にコピーを保存して管理している。

そんななかふと思いついたことが!

以前、普段使用しているユーザー(写真:ワシさん)でログインできなかった事があって、新しくユーザー(写真:レコードさん)を作成しその中に以前ワシさんで使用していたデータをコピーし、アプリを再インストールしたりして対応していたことを思い出した。

調子の悪いワシさんのユーザー名は特別に削除する事もなく、使用禁止にする訳でもなく、レコードさんと並んで画面に表示していた。

 

以前のユーザー名では、メールアプリを起動するとシステムが固まったりしていた。あまりにも反応が返ってこないので、電源ボタン長押しでMACを強制終了したため、ログイン時の関連ファイルが壊れてしまったのだと、自分では分析していた。

 

ログインユーザー名を間違えていた

どうやらここ最近ずっと不具合のあるユーザー名(ワシさん)でログインしていたように思えてきた。

しばらく使ってなかったので、ログイン時の不具合の件を忘れてしまったのだ。

ためしに、新しいユーザー名(レコードさん)でログインしてみると、調子がよさそうだ!

何か、単純な私の勘違い!

にも思えてきた。

 

レコードさんでのログインすると

TimeMachineでのバックアップの失敗が 解消

ログイン後まもなくシステムダウンが  解消

スリープからの復帰失敗が       解消

システムのアップデートが再起動+実行しても、実施されない 未解決

未解決事項は残るが、しばらくレコードさんでのログインで、様子を見る事にしよう

 

まとめ

MACがフリーズ 今回の原因は

ファイル破損した旧ユーザーでログインしていたため

ログインユーザー名を間違えていた。

の落ちで終わりそうだ。チャン・チャン

コメント

タイトルとURLをコピーしました