粗大ゴミ回収 出してよかった

くらし・創意工夫
この記事は約1分で読めます。

10月にチラシが来て、

10月◯日にこの貼り紙をして玄関先に回収品と一緒に出しといて!

と書いてあったので出しおいたのだが、一向に来ない。京都の業者だ。トラックいっぱいになったので、今日は来ないのかな?と思っていた。3〜4日遅れで業者がスピーカで宣伝して歩いていたが、声に気づいた頃には回収業社は通過してしまった後!他の業者が回収しに来た時も、ほとんど、このパターンで気づいた頃にはもう遅い。

昨日、飛び込みで別の地元の回収業社の人が家に来た。
Good Timming!

地元の業者さんだからなのか1時間くらいうちの町内に留まって声をかけてた。こちらの方としては都合がよい。
地元密着型!

廃棄したものは、アルミホイール、鉄の筒1mを数本、一斗缶、畑の杭、ファンヒーター、脚立など、軽トラにかあーるく一杯弱。家の周りがスッキリした。長く滞在してたため、

元々の3倍くらい粗大ゴミが処分できた!感謝!

写真、撮っておけばよかった。

コメント

  1. おっさん60 より:

    先日、令和元年6月末にも、「不用品回収します」のチラシが新聞に入っていた。京都の業者だ。
    金物類を準備し、張紙を付けて待っていたが一向に来ない。同じ業者かどうかは覚えていないが、前回と同じパターンだ。個人的な感情では、「だまされた―!」って感じだ。

    そうこうして、1週間ほどたったある日、これまた前回と同様、隣の県から別の業者がやってきて、不用品の回収に来た。

    よかったー。

タイトルとURLをコピーしました