・当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

自慢じゃないが中古PCを購入、FMVD586/Mのハード・レビュー

AUDIO
FMVD586/M 正面
この記事は約6分で読めます。
記事内には広告が含まれています。

久々にPCを購入しました。中古品です。
世間的には時代遅れかもしれませんが私にとっては最新の2016年製です。

オーディオ専用のPC(CPUはcore2Duo)が異音を発生し始めたのと、毎回バックアップに失敗していたためそろそろ買替えを考えていたところです。

ここ10年くらいは数世代前の中古PCばかり購入しています。
今回のCPUはCELERON G3900。coreシリーズではないので購入を躊躇していたのですが、

店頭にあった 破格の1万円以下のPCに飛びつきました。

1点物で、すぐに売れてしまうように思えたので!

【PR】

富士通FMV 【アウトレットパソコン】旧モデルがお買い得!

 

今回購入したPCは富士通FMVD586/M、別名FMVD1500Bです。法人向けPCのおさがりです。
キーボートもマウスもありません。

12世代corei*12000シリーズが発売されている中、CELERON G3900。
CELERONの最新版はG5900番台なので2世代前のCELERONになります。

スポンサーリンク

SPEC

CPU CELERON G3900 2.8GHz 2コア 2スレッド、3次キャッシュ2MB
メモリー 4GB DDR-4 PC4-2133P(CL=15)
HDD 320GB
OS Windows10 Pro

CPUのスペックは非力ですがWindows10 Proが使えます。

本体の中身を見てみる

PCのケースは裏のネジ1本を外して、天板と前面パネル一体物を手前に引けば外れました。なかなか、外し方がわからず、最後はネットで調べてようやくわかりました。中古PCなのでその辺は自分で調べないといけません。

 

富士通のPCサーバーを持ってますが、デスクトップPCは初めてです。HP製PCに比べると作業性や作りは、HP製の方が、個人的には好みです。店内でも1回は清掃クリーニングしているとは思います。しかし内部の放熱版やFANにほこりがたまっていたので、できる範囲でクリーニングをしました。

メモリーは空きスロットが3つもある

蓋を開けて確認したところ、メモリースロットが4個、内1スロットに4GBのメモリーがささっています。拡張の可能性があって◎。メモリーは私にとっては初のDDR4です。SAMSUNG製PC4-2133P(PC-17000)です。

配線パターンは多層基板の内層に押し込んでいるんですな。私はDDR2までのパターン設計はしたことがあります。等長配線やパターンのインピーダンスコントロールを考慮して基板設計していました。

たぶん、この基板は6層基板だと思います。①TOPー②信号ー③ベタ(電源orGND)ー④ベタ(GNDor電源)ー⑤信号ー⑥BOTTOMの6層構成でインピーダンスコントロールをしてるものと推測されます。

6層で配線が引きまわせない場合は8層基板で層構成も異なるかもしれません。昔のなのでだんだん自身が無くなってきました。(´;ω;`)ウゥゥ

DDR3はなんとなく一筆書き配線だったような記憶があります。DDR4、DDR5のメモリー設計は全く未知の世界です。

規格の最後のPはパリティーのPかと思ったのですが、レイテンシーCL=15を意味するらしいことが分かりました。

4つのスロットには取り付けられるメモリの組み合わせが決まっています。次にステップアップし8GBにするなら4GBメモリをメモリスロット1に取り付ける事になります。(下図参照)

HDDは非力、SPECアップしたいところ

320GBは少ない。後々拡張をしたほうがよさそうです。SSDの512GB以上が欲しい所です。

1台のHDDはCドライブ約200GBとDドライブ約100GBに割り振らていました。
取りあえず、何もいじらずにセットアップする事にしました。

HDDは2.5インチの物が付いており追加増設は難しそうです。SSD、HDDを追加で取り付けるなら、テープとかバンドなどで固定する事になりそうです。

 

光ディスクドライブはDVD ROM仕様、書き込みはできない

DVD ROM搭載です。

あれ?ROM?書き込みができない

➡リカバリディスクが作れない

一抹の不安が残ります。

今回購入したPCの仕様なのでしょうがない か!

 

 

リカバリディスクには8.5GB DVD-R DLまたはDVD+R DLが必要

リカバリディスク作成のアイコンもあったので、リカバリディスクを作成してから色々といじろうかと思います。

リカバリーディスクはメーカーによっては1度しか作れない場合もあります。

 

FMVD586/Mは「リカバリーディスクは1度しか作れない!」との情報を入手したので、作れるかどうかはやってみないとわかりません。

 

リカバリディスクはUSBメモリで作れるメーカーもあるので、説明書の確認もせずに安易に32GBのUSBメモリーを購入してしまいました。

 

後で確認すると、説明書にはリカバリディスクはDVD+R DLまたはDVD-R DL8.5GBのメディアディスクが必要と書かれています。

USBメモリーの購入は無駄だったようです。

 

光ドライブがDVD ROMなのでリカバリディスク作成にはDVD+R DLまたはDVD-R DLで8.5GBのメディアが読み書きできるDVDドライブを別途調達しなければなりません。

 

新たに対応する外付けDVDを購入すると出費がかさむので、先々代の音楽専用PCのDVD MULTIドライブが使えそうか確認してみました。結果、どうやら使えそうです。

リカバリディスクの作成は後日投稿する予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました