Windows10のEdgeで突然コピペができなくなる

PC
この記事は約2分で読めます。

最近、ブログの記事を書く際にEdgeを起動し、作業をしていると、1日に1回以上の頻度で必ずと言っていいほど、突然コピー&ペーストができなくなる現象が発生している。

スポンサーリンク

現状はPCを再起動すれば、コピペは正常に使えるようになる。

ブログで長文を書いている途中でコピペできない時は、Windows10を再起動すれば一時的にコピペがおかしい症状は改善する。しかし、もう1度同じ文章を書きなおすとなると心が折れてしまう。運が悪かったとあきらめて再起動するしかないのだろうか。

 

 

原因で思い当たることと言えば、edgeは1日中開いたままの時が多い。
blogを書く際、4個以上の複数のタブや新規ウインドウを作成している。
場合によっては10個近くのタブを開いていることがある。


edgeで10個のタブを開いた時のCPU,メモリの負荷をタスクマネージャで見てみると、メモリが1090MB(1GB)も食っている。

 

コピペの際に、何が動くか、タスクマネージャで確認してみるとクリーップボードサービスという物(サービス)が動作しメモリが0.3MB程度、CPUが2%程度、一瞬わずかにはね上がる。

その他には、文字のコピペは100回までは可能だが、101回目で失敗するという情報もある。

 ドラマ「101回目のプロポーズ」 成功! ならぬ

101回目のコピペ 失敗だ!

実際には確認してないが、一理あるように思えた!

ここまでは確認できたのだが、肝心の対策は、自力でもNETで調べても、これといった解決策がないのが現状だ!

あっつ、結論付けてから何だが、今度コピペがおかしくなったら、クリップボードサービスをいったん止めて、再度開始してみよう!と思う。

 


 

と思っていたら...

フォロー:新たな解決法ありました。下記記事を参照

 

B & O BeoPlay E8 3rd

どうとるかは、あなた次第!

海外発送で、納期はかかるけど魅力的な格安

コメント

タイトルとURLをコピーしました