BRZの定期点検に行ってみたが ・・・

くらし・創意工夫
この記事は約3分で読めます。

先日、愛車スバルBRZの定期点検に行った。

あのう、1:00か1:30に予約したおっさんですけど?

少々お待ちください、確認します。

お客様の予定日は7月8日です。

が、ああーぁん........

1週間早くディーラーに来てしまった。

 

車の話に戻るが、

スポンサーリンク

4年、65,000Km走行後のBRZの今の状況は、

乗り心地が、悪くなったような気がする。

45扁平タイヤ、車高が低く、サス・ストロークが少な目BRZは元々乗り心地がガチガチで、路面からの突き上げが大きい。ショックやラバーブッシュ類もへたってくるとは思う。元々乗り心地が悪いので、色々へたってきても、私も含め一般の人にはへたりはわからないと思う。

でも、乗り心地、乗り味は間違いなく悪くなった。

 

タイヤも減ってはいるが、ミシュランのタイヤはロングライフだ。以前、ロードスターRS?に乗ってたが、このタイヤも長持ちした。4万kmくらい以上は走ったかと思う。

ロードスターはミシュラン Pirot Sports
BRZは    ミシュラン PRIMACY HPで当時のプリウスと同じタイヤだ。
エコタイヤでスポーティーな運転が可能と当時言われてた。
このタイヤ、エコタイヤと言われるが、プレミアム・コンフォートタイヤといって、ハンドリング、乗り心地、寿命、ロードノイズなどの相反する内容が、高次元でバランスよくまとめられたタイヤだ。

フロント右タイヤ

6万Km(実質4万Km)走行後の摩耗状態

駆動系

クラッチ板かユニバーサル・シャフトの部分から、何かとこすれるような「すり・すり」ガタがきたような「カラ・カラ」が混ざった音がする。車から降りると、フロア下から聞こえ、意外と気になる。運転中は気にならない。

この「すり・すり」音はクラッチを切ると消える。という事はクラッチが減ったのか?
それなら「カラ・カラ」音ユニバーサル・シャフトまわりのガタ?

FRのRX-8でも長年乗っていると、全く同じ症状が出てたので、FRの宿命、経年劣化としか言えない。

きしみ音がでる。

正確な場所はいまだわからない。左ドアか、左後部座席側ガラス付近?からミシ、ミシと音がする。

燃費が悪くなった。

当初は、13km/ℓの事もあった。最近は10~11km/ℓ。ただこれは高速道路に乗ったり、街乗り、野暮用の頻度によって変わるので、決めつけはできないのだが、悪くなったように思える。

BRZに最初乗った時は、RX8 8km/ℓ、SKYLINE R32,R35 10km/ℓ?に比べて驚異的に燃費がいいな!と思ったものだ。

ブレーキローターとブレーキ・パッド

どちらも、摩耗して減るのは当然であるが、運転していての不安感は全くない。

本革?ハンドルの表面がボロボロに!

確か本革だったと思うのだが、表面がめくれあがって、ボロボロになってしまった。日焼けした皮膚の皮をめくりたいのと同じような衝動にかられる。

 

以上、おっさんの、中途半端な知識と診断でした。

来週はちゃんと点検に行かないと!

コメント

タイトルとURLをコピーしました