溝切り機での田んぼの溝切の目的と様子 動画あり

Camera
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

田んぼの溝切をした

おっさんの住んでる地域では6月中旬から7月上旬に作業する。

今年は、時期がちょっと遅かったようで、稲の苗が伸び過ぎて、作業がしずらい。
ほかの農家と比べ1-2週間おそい印象だ。

溝切作業は、農作業の中で1、2番にきつい作業だ。この時期は気温も湿度も高いので、こまめな水分補給がかかせない。

天然水のウォーターサーバーNo.1!【コスモウォーター】

 

去年から、乗用タイプのものを購入したので、体力的にはかなり楽になった。

 

それでも、機械の重量が重くなったので、泥が車輪にこびりついた状態で、機械を持ち上げ方向転換するところは、以前よりきつくなった。

 

ハンドルタイプの溝切機もあるのだが、今となってはハンドル固定タイプは失敗だったな。

 

やはり、ハンドルが操舵できるタイプがいい!

 

田面ライダー」、良い名前です。仮面ライダーとかけたネーミングです。

おっさんは、このネーミング好きですねー

 

田んぼのヒーロー!田面ライダー

 

 

ちなみにウチのは三菱の「のるたん」です。田んぼで乗るからでしょう。

田んぼの溝切の目的

水はけをよくする

排水口に溝をつなげて水はけをよくする。
稲刈り時に水はけが悪いと、コンバインがぬかるんだ土にはまって、身動きがとれなくなったり、コンバインのカッターに土が噛んでしまったりするのを防ぐ。

水の回りをよくする

水田内に溝切り機で溝を切っておくと、水の走りがよくなる、水の入り口、水口から遠い排水箇所に近い場所にも早く水が行きわたる。

結果的に、水田内に均等に水を供給することができる。

稲の根を張らせる

田んぼの水を切って、水が少なくなると、水を求めて、稲の根が伸び結果、稲が丈夫になり、茎もしっかりして倒れにくくなる(倒伏防止

稲刈りの時期は、雨も多く、実がなった後に稲が倒れてしまうと、刈り取り作業が2倍にも3倍にもかかる場合がある。根がしっかりして倒れにくければ、作業効率がよくなる。

しかし、そううまい具合にはいかないことが多いのだが!

 

溝切のようすの動画 冒頭20~40秒あたりが見どころ

地上約20cm 溝切機目線の動画です。

溝を切って水を引っ張てくるところ、たまった水が追いかけてくるところ、
冒頭の20~40秒あたりが爽快!

そう⤴かい?

アクションカメラ APEMAN A80を溝切り機のフレームに取り付け進行方向と逆の映像を撮影したものだ。

だんだん、飽きてくるかもしれないけど、
おっさんの、オリジナルはこれに中山美穂のCATCH ME  の音楽をのせている。

著作権が、あると思うので!公開している動画には音楽は省略。

【中古】 コレクション1 /中山美穂 【中古】afb

良かったら、この曲といっしょに、見てもらうと意外とあきないかも!おすすめです。

音量は小さめに!エンジンの爆音が!続くため!

溝切のようす 6~7月
アクションカメラ APEMAN A80にて撮影

無劣化動画カット&結合も動画変換もできる動画編集ソフトBandicut

コメント

タイトルとURLをコピーしました