・当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

ブラックフライデー 監視カメラRing Indoor Camを注文した

くらし・創意工夫
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ガレージのシャッターを閉めたかどうか忘れてしまう

前々から思っていた事なのですが、歳をとったせいか、元々の性分なのか、ガレージのシャッターを閉めたかどうかわからない事が増えてます。

自分の行動・記憶に自信が無く、家まで戻ることもあります。

歳をとると忘れものが激しくなるのう!

 

対策は完成度によって3案あり

ガレージのシャッターはリモコン式です。シャッターには障害物検知機能があります。機械式のセンサーが付いています。

 

遠隔監視カメラ+遠隔スイッチ操作

シャッターの開閉を遠隔で目視確認し、安全上問題なければリモコンボタンを遠隔操作する方法です。

安全面、信頼性が一番高い方法です。

カメラを遠隔操作で確認し、SwitchBotを使ってリモコンボタンを遠隔で押しシャッターを下げます。ただ、そのための費用は一番かかります。

 

気になったのはスイッチボット周辺には作業スペースが必要なため、シャッターUPとシャッターDOWNの2つのスイッチを取り付けるのはスペース的に難しいかもしれません。

どちらか1つだけの対応となれば、今回は防犯が目的なので、シャッターDOWN用にスイッチボットを設置します。

 

障害物検知機能+遠隔スイッチ操作

安全に関してはシャッターの障害物検知機能を利用し、安全確認なしでリモコンボタンを操作する

障害物検知機能は、シャッターが下がっている最中にセンサーが障害物に接触した場合にシャッターの下降を中断し上昇するものです。

大事故にはなりませんが、シャッターの下に他の自動車やものがあった場合には、表面、接触部は多少傷がつきます。

ある程度の安全確保はできますが、接触物に傷がつく場合があり信頼性は少し下がります。

 

遠隔監視カメラのみ

シャッターの開閉を遠隔で目視確認し、シャッター閉忘れがあった場合は家に戻るまたは家族に連絡

遠隔でモニター監視できるので安全面、信頼性はありますが、確認のみであって、行動、実行が伴いません

 

1番目の案(遠隔監視カメラ+遠隔スイッチ操作)が理想ではあります。

しかし今回は3番目の案(遠隔監視カメラ)、シャッターの開閉が遠隔で目視確認できるRing Indoor Camを購入する事にしました。

Ring Indoor Cam (リング インドアカム) 、自宅の見守り屋内用、デバイス盗難補償付き

 

Amazonではブラックフライデーで半額に!、分割もできる

商品Ring Indoor Camが半額になったので、ほとんどの方は一括購入でいけると思われますが、私の場合はこの価格でも躊躇していました。

良く見てみると、下の方に5か月払いで月数百円での支払い方法も出ています。

これならいける!ポチっとな

 

商品の到着は30日の予定です。ブラックフライデーの影響なのでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました