MacとWindowsのバックアップ

MAC
この記事は約3分で読めます。

MACの起動不能とデータ、アプリの復旧は80~90%終了した。

バックアップに関しては、現在次のような状況だ。
結構、強固なシステム?と自負しておりました!

MACのバックアップ体制 

 ①TimeMachine
  OS、設定、データのバックアップ (約1時間毎)
 
 ②NAS iTuneデータを思い立った時に手動コピー 
      整合性は不明(たぶん90%くらい)

Windows(Windows Home Server)の
バックアップ体制

 ①共有フォルダのデータの2重化(即時?ミラーリングとは異なる)
  システムの標準機能で自動で2台のHDDに共有データをコビー

 ②共有フォルダのバックアップをWHSの外付けに 手動(月1回)

 ③各WindowsPCのOSを含めたBACKUP OSの標準機能(毎日)

 ④共有フォルダのバックアップをNASへ robocopy使用(不定期)

今回のMACの不祥事を踏まえた、バックアップの弱点は!

復旧に1週間以上かかる。
最悪データを全て失う。 
              可能性が高い

特に「Fusion Driveで、起動ドライブが認識できない」
さらに「タイムマシン用HDDの両方が認識できない」状態の場合。

対策:MACのデータをWindowsで見れる
ようにバックアップする。(CentOS編)

MACが壊れてまず困るのは、中のデータが見れない事。

MACは1台しかもってないし、復旧に時間がかかるので、とりあえずデータが見れること。そのために、Windowsから見れる状態でデータを保管しておく必要がある。
ただしWindowsが勝手に修正、削除しないよう、WindowsからはReadOnryにする。

そのためにはファイルサーバー:sambaを活用する

すでにCentOSのサーバーにsambaを導入しているが、容量240GBのSSDのみなので3TBのHDDを購入した。
3TBのHDDに/home2/mac用ファルダ名 のフォルダを作成し共有

sambaではユーザー名、パスワードがWindowsやmacのものとは別管理となるのでsamba共有フォルダ用のWindows用のユーザーとmac用のユーザーを登録して
 Windowsからはmacのデータを見れるが削除、編集できないように
設定する。
 macからはWindowsのデータを見れるが削除、編集できないように
設定する。

 ここで一番悩んだのは!
Windows用の共有フォルダが見えてるのに、アクセス拒否される。その下のフォルダの中に入れない!

ネットでいろいかいてあるので、色々ためしてみたが、一向に直らない。
おっさんの場合は以下が原因だった

chcon -R -t samba_share_t /home2/共有フォルダ名

なんでも、セキュリティーを強化するためのSELinxが悪さしているようで、ここに穴をあけて(セキュリティーを弱めて)いるようだ。

macの共有フォルダ作成の時には、チャンとコマンド入力してたのに、Windows用では入力し忘れていた。問題解決に要した時間は、約2日。
ネットでもやっとみつけたが、下記の本にちゃんと書かれていた。

CentOS7の設定に際しては、私、おっさんにとってBIBLLE的な存在の専門書CentOS7サーバー徹底構築(DVD付き) 福田和弘 著
に大変お世話になってます。
 

実践!CentOS7サーバー徹底構築改訂第2版 CentOS7(1708対応) [ 福田和宏 ]

価格:3,218円
(2019/2/28 04:03時点)

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました