給油ポンプの2本使いで給油時間の短縮! タンク容量40リッターを目安に

くらし・創意工夫
この記事は約2分で読めます。

モミ乾燥機でモミを乾燥する際には燃料に灯油を使用します。

乾燥機の灯油タンクは容量40ℓ、18ℓの灯油缶2本ちょっとです。灯油の給油には、家庭用の灯油ポンプで給油します。

スポンサーリンク

いつも給油の際に思うのですが給油に時間がかかる、じれったい!

イライラします。

タンクの容量が40ℓなので、乗用車のガソリンタンクに手押しの灯油ポンプで給油するような物です。乗用車のガソリンをを手押しポンプで給油すると想像するとぞっとします。

タンクがスッカラカンになるまで給油しないことは無いとはいえ、タンク容量半分を目安に給油しています。

モミ乾燥機の運転は12時間~24時間かかるので、途中燃料の灯油が無くなると大変です。ガス欠にならないようにタンク容量半分を目安に灯油をタンクに給油しています。

給油1回あたり灯油缶約1本を使います。

手押しポンプなので、給油中は灯油がこぼれないよう監視していなければなりません。この間私は、給油タンクの穴をぼーっと見ているだけです。じれったい!イライラします。気分によっては自分を見つめなおしたり、癒しになることもありますが。

 

何とかならないものだろうか?

灯油ポンプの二刀流で給油時間を短縮

いつもモミ乾燥機の給油の際に「じれったいなー」思いながら給油をしているのですが、

給油ポンプを2本使えば給油時間は半分になるのでは?
今回ふと、思い、さっそく試してみました。
やっぱ、早いです。
約20ℓの給油時間は17:24頃~17:29で約5分間
5分で早いという感覚なので、給油ポンプ1本の時にはおそらく10分以上給油に時間を費やしていたのでしょう。
言われてみれば、わかってしまえば当たり前の事なのですが、「灯油ポンプの2本立て」はナイスアイデア!
自我自賛したいです。

注意点

給油の速度が速くなった分、灯油等の燃料がこぼれてしまう時も、通常の倍の速さで床にこぼれてしまいます。安全のためには、農作業小屋などに限定されるかと思います。
ガソリンの給油に給油ポンプの2本立てはお勧めしません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました